RC-ART ハイパフォーマンス スプリング28 レビュー(その1)
最近こんなの多いな(^^;

先日YOROさんからコメント頂き、ちょっと書いたのですが、先日入手したRC-ARTさんの「ハイパフォーマンス スプリング28 (ソフト)」のバネレートは約110g/mmでした。

手持のスプリングのレートは以前書いたとおりで、TNレーシングのソフトとハイパフォーマンス・スプリング28のソフトは、ほぼ同じレートである事が判りました。

f0123714_19302685.jpg

左・TNレーシング製 右・RC-ART製



ただ、レートは同じですが、指でムニュムニュした感じではフィーリングは明らかに違います。

TNのスプリングは縮み始めからの硬さが一定なのに対し、RC-ARTのは縮み始めは柔らかく、後半になると硬くなってくる、所謂「プログレッシブ・レート効果」を狙ったモノだと思います。
後半の「コシ」があるので、振り返しがし易いのではないかと想像(妄想)していますw

TNの方は逆に、ロールが戻らない(ドリフトが戻らない)様、「コシの無いスプリング」をコンセプトに作られたモノで、ホント見事に逆の性格と言えます。

ですが、どちらが良いと言うのではなく、マシン・タイヤ・コース・ドライビングスタイル等により使い分けるべきだと思います。


とりあえず、今夜の体育館走行会でフィーリングの違いを確認したかったので、急遽RC-ARTさんから通販でスーパーソフトGETしました!( ̄ー ̄)ニヤリッ

f0123714_19313811.jpg

ソフトとスーパーソフト2set確保完了!


ちなみに、スーパーソフトのレートは約 90g/mmでした!



スーパーソフトもTNのそれ(85g/mm)とレートはほぼ同じと考えて良さそうなので、純粋に特性の違いが判断出来そうです!



さ〜てと…( ̄ー ̄)ニヤリッ

[PR]
by aya_tech | 2010-02-10 19:36 | RC | Comments(1)
Commented by 散髪屋のおっちゃん at 2010-02-12 08:15 x
動きの違いが、明らかでしたねぇ
やっぱ、奥が深い~&気になる一品です!
<< RC-ART ハイパフォーマン... 利右衛門カシマコートダンパー・... >>