ブラシレスモニター(オフロード編)
アルティマに搭載してのオフロード初走行。
ドリフトでは良く判らなかったんですが、このモーター速いですね(笑)
使ってるLipoバッテリーは安物でパンチも無い筈なのに、もう充分なスピード&パワーでした(^_^)

ちょっとパワーがあり過ぎる感があったので、前回デフォルトのオフロードsetから数値を落とした(36%→18%)イニシャルスピードを更に落とし、最終的には8%に設定しました。


f0123714_13171434.jpg




ただ、この設定でもカーペットの上でラフにスロットル握るとフロントが浮いていたので、ひょっとしたら0%でも良いのかも知れませんね(^-^;)
その辺りは次回試してみたいと思います。

あと、気になった点が二つ。

一つは、バックの入りの悪さ。
ドリの時にも感じてたのですが、当然の事ながら(^-^;)オフで感じます。
感覚的には、ミニッツの2.4G基盤みたいな感じ(伝わるかな?(^-^;))


まぁ、ブレーキング中にバックに入ってしまうHWのESCよりマシですけどね(^-^;)



あと一つはTAOなんですが、前日充電して持って行ったのにも関わらず、現地で電源入らず…(-_-;)
タキオンから電気供給して貰って設定はできるのですが、これならHWのカードの様に最初から電池非内蔵にして(ついでにストップウォッチや温度計も外して)価格を下げた方が良い様な気がするんですが…(^-^;)


まぁ、いろいろ書きましたが(^-^;)、ドリフトで人気のタキオン&ルキシオンですが、バギーでも充分なポテンシャルがある事が確認出来ました(^_^)




走行機会は少ないですが(-_-;)、引き続きレポートしたいと思いますm(_ _)m

[PR]
by aya_tech | 2011-05-11 13:18 | キーエンスブラシレスモニター | Comments(0)
<< スタリオ〜ンw 0510GAGA遠征レポ >>