今日のラジ天大津
カーペット初走行となったJRX-Sですが、非常に良い感じで走ってくれました( ^ー゚)b
ちょっとカウンターが薄い感じがしたので、Fのアライメントを調整したところ良いバランスに落ち着き、初めて走るコース・レイアウトながら、他のお客さんの邪魔にならないペースで走る事が出来ました\(^O^)/

んで、マシンの調子が良かったので、明日Hyde-outで行う予定だったボディ&ウエイトのtestを実施。


f0123714_2391375.jpg

インプとエスクード



f0123714_2391356.jpg


ルーフに120g、ボンネットに80g



ボディの違いについては既にHydeで試しているので確認になるのですが、やはり「安定のエスクード」「クイックなインプレッサ」という感じでした。

そして、本格的なドリフトコースで初となるボディ・ウエイトなんですが、これねぇ…














かなり効きますよ!( ̄ー ̄)ニヤリッ



下手にサス弄るより変化が判り易いと感じる程、大きい変化がありました!

これは私の私感ですが、ボンネット部分にウエイトを積むと旋回の軸が前寄りになり、カウンターが当たり易い印象。ルーフ部分に積むと、全体的に動きがゆっくりになる。ただ、「動きにくくて、止まりにくい」って感じなので、この辺は路面グリップと相談しながら搭載量の調整が必要だと感じました。






明日のHyde-outでじっくり再検証したいと思います(^_^)

[PR]
by aya_tech | 2012-03-25 23:07 | RC | Comments(0)
<< 久しぶりの… 流石日曜日! >>