スティンガー D08 Plus toyoの気になったところ…
ほぼ文句無しのシェイクダウンだったスティンガーですが、ちょっと気になった点もちらほら…。

スティンガー D08 Plus toyoの最大の売り?である、「ハイトラクション・シャーシ」はRのシャーシ・ロールを最大に引き出すべく、大昔のDD車の様にシャーシにスリットが入っていて、サイドバーの硬さでそれを調整するという、独特の構造となっています


f0123714_23285946.jpg

グリップでは考えられないな…(^-^;)



んで、Rのロールが大きくなると、どうもバッテリーがアッパーデッキに当たりそうだったので…


f0123714_2329059.jpg

見にくいけど、結構ギリギリ…



なので、アッパーデッキに1mmスペーサーを咬ませて、ロールしても干渉しない様に…


f0123714_232903.jpg



あと、RのサスアームにF用を流用している関係か、ドックボーンの長さが長過ぎて、フルボトムするとカップに底突きしてしまう…(-_-;)


f0123714_2329110.jpg



Fと同じ44mmのドックボーン(ヨコモDRB用の44mmが付いてました)がもう一組必要な様で…(-_-;)





早急に発注しないと…(´・ω・`)

[PR]
by aya_tech | 2012-10-24 23:25 | RC | Comments(0)
<< ひなたと… スティンガー D08 Plus... >>