スティンガーRWD問題点の続き…
先日書けなかったスティンガーRWDの問題点の続き。
手曲げボールキャップを装着し、プロポのEPAとD/Rも調整、これで干渉する事も無いと思っていたのですが、電源を入れて空中でシャーシを左右に振ると、ジャイロがカウンターを当てた時に、サーボが「ジジジ…」と唸り声を上げる程ガッツリと修正蛇を入れる時が有る事を発見。

当然こうならない様に最初にプロポで調整してる筈なのに、どうもジャイロがその調整値以上にステア切ってしまうみたい…(-_-;)

で、どうすんべかなぁ…と思っていたのですが、説明書を読み返したら書いてありました(^-^;)

f0123714_1635120.jpg


最初っからちゃんと読んどけよ(^-^;)



早速調整を…と思ったのですが、ジャイロ本体は…

f0123714_1635119.jpg

f0123714_1635258.jpg


Fバルクの中…(-_-;)



F周りをバラして、ジャイロ取り出して、組み直して、調整して、またバラして、ジャイロ中に入れて、組み直して…と書くだけでもめんどくさい作業をなんとかこなして無事?に完成!

んで、Hydeに持ち込んだものの、メンツが濃すぎて二駆を走らす余裕が無い(-_-;)
それでも隙を見てちょこっと走らせては見たものの…





あんまり変化無し…(´・ω・`)



まぁ、期待値が高すぎた感は否めません(^-^;)
これでも今までと比べたら全然マシになってるのですが、やっぱ目標にしてるのが過日のみかっち走行会の時に見た、(同じタイヤで)四駆と追走してたもんもさんの二駆なんで、マシン&ドライバー共まだまだ精進が必要ですね(´・ω・`)



二駆もそうだけど、四駆の方も頑張らないとな…(-_-;)

[PR]
by aya_tech | 2014-10-05 16:32 | RC | Comments(0)
<< 誕生日!(二回目) たろさんごめんなさい… >>