ベイトフィネス
流石シルバーウィーク、どこも釣り人で一杯、短い時間では釣れる気がしません…(-_-;)
と言う事で、前から書き溜めてたネタを…。




最近お気に入りのワームはジャッカルのフリックシェイク4.8in


f0123714_22324240.jpg





最近釣ったバスの8割はこれで釣ってます(^-^;)
ノーシンカー・ワッキーなので、タックルは当然スピニングなのですが、ベイトタックルに慣れてしまうと、投げるたびにラインを指に掛けて、ベールを起こして、垂らしの長さ調整して…という動作がめんどくさくて仕方ない(-_-;)

しかも、スピニングの「宿命」である「糸よれ」が本当にウザい(-_-;)
先日の釣行時もトラブルが頻発して相当実釣時間失ってるし、何より心が折れてしまう…_| ̄|○


f0123714_22324123.jpg


f0123714_22324164.jpg


もっと細いラインを使えばマシになるのは解っているのですが、私のメインの貫川内湖はカバーが多いので、4とか5lbのラインは怖くて使えない(´・ω・`)

私の使ってるスピニングロッドは(スピニングにしては)パワーのあるミディアムなので、フッキングした瞬間に一気にカバーから引き離す力があるので、本来なら内湖メインタックルになるところなのですが、いかんせんライントラブルが多くて、使えば釣れるの解ってても、使えば使う程イライラが増すのであまり使いたく無いというジレンマに…(´Д⊂グスン


で、浮かんで来たのが表題の『ベイトフィネス』
昔私がバス釣りをしてた時には無かった発想ですが、ベイトタックルでノーシンカー等の軽いリグを使う(投げる)というもの。
「軽いモノ投げたきゃスピニング使えば良いやん」と思っていたのですが、太いラインでもトラブルが起きにくく、ベールを起こす操作が無いので手返しが良いというのであれば、それはそれで充分『あり』だなぁと。っていうか、自分もスピニングの代わりに導入したいという思いが日に日に募っています!









が!











これをやるのは当然の事ながら専用のタックルが必要(´・ω・`)
各社からベイトフィネス専用のリールが発売されていますが、シマノ党の私としては「アルデバランBFS」一択!


f0123714_22251382.jpg

特に狙い目は限定発売のリミテッド(フロロ8lbが45m「しか」巻けないぐらいの超シャロースプール採用)なんですが、どっちにしても良いお値段…(´・ω・`)





あと、ロッドも当然必要。
これまたフェンウィック党の私としては「エリートエナジー "Bait Finesse”シリーズ」一択!


f0123714_22251902.jpg






なんですが!






この2点、新品で買ったら定価で9万近く!(@_@)、中古で購入するにしても5万はするので、おいそれとは導入は無理…(-_-;)


とりま、FCひらつか店長に勧められた、太フロロよりトラブルの少ないと思われるPEラインを導入して「パワーフィネス」に移行したいと思います!









頑張って貯金しよ…(´・ω・`)



[PR]
by aya_tech | 2015-09-21 22:29 | バス釣り | Comments(0)
<< 今日は… 終わりました… >>