「隠れ」新ウェポン( ̄ー ̄)ニヤリッ
さっきまで「塾送迎メタルバイブ一本勝負」に行って来たんですが、見事にノーバイト…(´・ω・`)
まぁ、釣れたらラッキー!(^_^)ぐらいの感覚で行ってるんで、別に良いんですが(^-^;)

初めて本格的にメタルバイブ投げましたが、これ本当に飛びますね〜w
夜なのでルアーの軌道が見えず、サミングが難しいので遠心ブレーキ強めのsetで行きましたが凄い飛距離!
投げてマキマキしてたら身体もポカポカしてくるしw、巻きモノ好きな私にはピッタリですわ(^_^)
これで釣れたら最高だったんですが(^-^;)、今回のポイントは巻いた感じ全くウィードに当たる感触が無かったので、次回(明日?(^-^;))はいつもの海津で投げ倒してみたいと思います!



で、ここからはタイトルの件。
実は、先日のエスドライブの他にも「新ウェポン」が着弾してました( ̄ー ̄)ニヤリッ

f0123714_23151293.jpg


f0123714_23151311.jpg


f0123714_23151319.jpg
フェンウィック TAV-GP65CL J Bait Finesse Special


今まで、ベイトフィネスは以前オクで購入したフェンウィック ELT 63CMJでやってました。

ただこのロッド、本来はテキサスリグやラバージグ用のモノで、私自身もベイトフィネスするつもりじゃなく、最初に購入したELT 68CMHJで投げれない、軽めのミノーやシャッド系ルアーが投げれたら良いや…と思い、購入したモノで、これで本格的なベイトフィネスやるのは無理があると常々思っておりました。

これからの季節、ライトリグを多用すると思うので、「ちゃんとした」ベイトフィネス用ロッドが欲しいと考え、当初はフェンウィックの廉価グレードのエナジー67CLP+を…と思っていたのですが、オクに全然出て来ないし、タックルベリーで程度の良いものだと2万円ぐらい(´・ω・`)

で、上級グレードのテクナGPの65CL(定価で2万以上高い)が同じくタックルベリーの中古で2.5万ぐらいと言う事で、思い切って憧れだったテクナにしました!\(^O^)/

この一週間程使用して、まず感じたのがその軽さ(カタログ値96g)
それまで使用していた ELT 63CMJが106gなので10gの差なのですが、数値以上に軽さを感じました!

そして感度。まだそれ程多くバスを釣っていない…いや、ミノー投げては結構釣ってるけど(^-^;)、ワームではそれ程釣ってないので、「小さいバイトでも良くわかった!」なんて事は言えませんが、とりあえず、マイクロガイド採用のおかげなのか、ラインの感覚(感触)は前のロッドより数段上だと感じます!( ̄ー ̄)ニヤリッ

最近はフロロの10lbラインを使っていたのですが、このロッドではラインの重さや硬さを感じて使い難くかったので、8lbにしました(^-^;)

最後に、多くのベイトフィネスロッドが採用する「トリガーレス」デザイン。これについては個人的には一長一短だと感じます。

確かにパーミングがし易く、アクションが付け易いものの、ミノー等をフルキャストする様な場合だとちょっと投げ難さを感じる事があるのも事実。

ただ、これに関しては慣れの問題かも知れないので、もう少し使い込んだら印象が変わるかも知れません。


とりま、この冬のメイン・タックルになることは間違いないと思いますんで、しばらくしてからまた印象を書きたいと思います!(^_^)/


[PR]
by aya_tech | 2015-11-28 23:12 | バス釣り | Comments(0)
<< 1129浜分〜海津釣行-ベイト... 1126安曇川〜マキノ釣行-ボ... >>