ドリフトset考
先日の虎の穴練習時、せんせいに「穴標準タイヤ」であるYz工房のSLYDER(通称「YOKOZUREタイヤ」)を譲っていただき、早速使って見たのですが・・・


超ムズイ〜(´〜`;)




初めての穴練の時は、せんせいから岐阜にあるインドアRCドリフトサーキットみんなでドリフト♪オリジナルの樹脂タイヤ(通称Sタイヤ)をお借りして走ったのですが、それと比べるとかなり滑る・・・(setも若干弄ってますが)


特に私のCE−4の場合、RよりFの方が限界が低く、ステアリングの反応も鈍いし、アンダーも強め…(´〜`;)
ところが、すずっちさんのCER試走させて頂いたところ、同じCE系とは思えないぐらい走らせ易い!!(@_@)

正直言うと今まで「ドリフトなんて滑ってるんだからサスsetなんて関係ないだろ!?」と思っていたのですが、大間違いでした(´〜`;)

まず、せんせい、すずっちさんと根本的にスプリングの硬さが違うので(私の04用タミヤブルーは硬過ぎ)スプリングの線径を2ランク程落として見ようと思います。


…ってそんなスプリング10年ぐらい前のヤツだな・・・どこに仕舞ってあるかな?(´〜`;)




あと、走行後のタイヤを見て思ったのがキャンバー角。
見た目重視wでFに4度(Rは2度)付けたんだけど、明らかにFの方が接地幅が少ない。

f0123714_1534048.jpg

フロント


f0123714_15341834.jpg

リヤ


すずっちさんのはパッと見た感じ、そんなにキャンバー付いてない様だったし、まずはあのCERを目指してクルマ作りをして行こうと思います。


せんせいのは盛大(笑)にキャンバー付いてたけど、タイヤもそれに伴いテーパーに減ってたし…マシンも違うけど、ウデも全然違うから参考にならんなぁ(笑)
[PR]
by aya_tech | 2008-05-31 15:38 | RC | Comments(0)
<< AMAモトクロス放送終了…ガ... 一ヶ月ぶりの・・・ >>